スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職率、氷河期並

2010年01月02日 21:59

景気の冷え込みを受け、各大学の就職内定率が落ち込んでいる。前年の同時期に比べ5~30%低く、年の瀬を迎えても就職活動を迫られている学生が多い。企業が採用枠を狭めたためだが、大企業や公務員に偏った就活やネットによる職探しが裏目に出ているとの指摘もある。
 文部科学省などが公表した来春卒業予定者の就職内定率(10月1日現在)は62・5%で、前年同期の7・4ポイント減。下げ幅は1996年の調査開始以来最大で、就職氷河期といわれた98年(6・1ポイント減)を超えた。

以上読売新聞より抜粋。

景況悪化に伴い新卒の就職率がかなり低下してきています。
新卒が少なくなってしまえば、企業を中長期的に支える人材が不足してしまうことになるが
企業としても、新卒に割くコストがないという現実もあるのでしょう。

政府も企業とのマッチングを図るための企業説明会や、ジョブカフェの活用、採用時の給付金などで
若者雇用対策を行っていますが、どこまで認知されているかは微妙なところです。

学生側からしても、どのように動いていくべきか、今後どうすべきかが課題としてあるかと思います。
学生としてはやはり、大学OBとの繋がりをもっと増やしていくことが重要なのではないでしょうか。

また、就職課も同様にこれまで以上にOB,OGとの繋がりを強め、学生の働く価値観(ギャップ)を埋めて
いくことが、企業が採用しやすい、採用したいと思う人材を輩出することになるのではないでしょうか。

今までは組織(ネームバリュー)がものを言っていましたが、今は個人がどんどん発信する時代だと
思います。

学生がいかに社会人との接点を増やし、周囲を巻き込みながら就職活動に臨んでいくかが、内定に結びつく鍵のひとつだと思います。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://life2sora.blog20.fc2.com/tb.php/9-3a2ce233
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。