スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学卒業生の使命

2009年03月30日 15:20

不景気の深刻化の中、学校に行きたくても行けない子どもや若者が増えています。
それを踏まえて、考えたことがあるので下記にまとめてみました。

学校に行きたくても行けない子どもや若者が増えている中で、
大学に行けた人たちは、
就職して普通に生活をしているだけでよいのでしょうか。

大学にいくのは、「いい仕事に就くため」、「安定した生活を送るため」と
考えて入学したのかもしれません。


しかし、これからの社会を作っていくのは、
こうした大学を卒業し企業や政治に大きく関与しやすい人たちではないでしょうか。



だから、私は考えました「大学卒業生の使命」を。

それは、現在の社会問題に関心を持ち
積極的に政治に参加し、回りとスクラムを組んでまたは活動家たちに協力して
より良い社会への変革をして行かなくてはならないのではないかと思いました。


私も、家計が厳しい家に生まれ、中卒で働かなければならないと
覚悟していた時期もありました。

なんとかそれを乗り越え、ギリギリ大学まで出た身なので、
卒業できたことに感謝し、
ただ、働くこと、生活を送るだけではなく、問題意識をもって
できることを探っていきたいと思います。

また、自分にできなくても、すでに頑張っている人、
活動している人たちに協力したり、選挙に行ったりを続けていきたいと思いました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://life2sora.blog20.fc2.com/tb.php/4-c4b82d8a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。