FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠ざかる消費

2010年01月11日 19:04

痛いニュースより

「嫌消費」世代 経済を揺るがす「欲しがらない」若者たち
「クルマ買うなんてバカじゃないの?」。こんな話を東京の20代の人達と話しているとよく耳にする。車がなくては生活ができない地方でも「現金で買える車しか買わない」と言う。これはクルマだけの話ではない。衣食住などの様々な市場で、欲しがらない若者達が増えている。「アルコールは赤ら顔になるから飲みたくない」、「化粧水に1000円以上出すなんて信じられない」、「大型テレビは要らない。ワンセグで十分」、「デートは高級レストランより家で鍋がいい」などの発言を聞く。

20代の彼らは、非正規雇用が多く、低収入層が多いからだと思われがちだが、実際は、他世代に比べて、男性の正規雇用率は65%、年収も300万円以上が52%と見劣りする条件にない。彼らは、消費をしない訳ではないが、他世代に比べて、収入に見合った消費をしない心理的な態度を持っている。このような傾向を「嫌消費(けんしょうひ)」
と呼んでいる。

以上引用。

草食系という言葉もだいぶ定着してきたかと思いますが、それを裏付けるかのようなニュースですね。
自分もこのニュースにおける嫌消費世代にあたるかと思いますが、ただ、消費をするのが嫌なのではなくて、
消費を絞るようになったんだと思います。

以前は、単純に「大きいもの」が好まれたかもしれませんが、今は使い勝手がいいもの、個性が出せるもの、巣ごもりに適したものなどへとシフトしているんでしょうね~
また、新商品を生み出すよりは、懐かしいものを復活させるほうが人気があるようにも思えます。ヤキソバンとか(笑)

低収入世代が今後拡大していくことが予想される中で、益々、クオリティや多様なニーズが生まれてくるでしょう。
企業はそのニーズをどこまで拾えるか、拾う場所を確保していくかが、新商品を生む力になるのではないかと考えます。

新しい消費意識の動向をどこまで捉えられるかが、今後の業績に関わってきそうですね。
スポンサーサイト

資本主義の二つのほころび

2009年03月13日 17:49

やっと勝間和代さん著書『お金は銀行に預けるな』を精読しました!!
お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
(2007/11/16)
勝間 和代

商品詳細を見る


金融関係って聞くと固い本なのかと思ってましたが以外に
読みやすくて分かりやすかった


さて、初めての記事投稿でいきなりですが、「資本主義のほころび」について書きたいと思います。


大学時代は経済学部だったので、こういった類の話はよく耳にしてはきたのですが、
勝間さんのこの本にも書かれていて久しぶりに「はっ」とさせられました。


本に書かれていた、資本主義のほころびは大きく2つ

.(省略)資源配分が必ずしもうまくいかない。
.社会的に正しくない行いがあったとしても、利益が出るものについては投資されその結果として地球温暖化や環境汚染などを招く

※勝間和代さん著書『お金は銀行に預けるな』より


資本主義では、うまくいききれないことが分かって来ているのに変われない世界。

まるで、甘いお菓子が体に悪いと分かってもやめられないよう。



やっぱり個人個人の人間らしさが、大きな政治体制や経済の仕組みを形成しているのでしょうか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。